4th-marketのものづくりについて

4th-market

伊勢国 四日市萬古焼 4th-market [陶]

4th-market とは??

庶民的な焼き物で有名な四日市萬古焼。国内シェア8割と言われる土鍋をはじめ、豚さん蚊取り線香入れは夏の風物詩としておなじみです。4th-marketはそこで、普段使いの器や道具を作っています。

目を引くのはやさしい色合いや、思わず手に取りたくなるような、やわらかなフォルム。毎日お家で、こんな食器でご飯を食べられたらいいな。そんな風に思えるステキな商品がいっぱいです。

さぞかし若い職人さんが作っているのかと思いきや、意外にも作っているのはベテランの職人たち。実は、企画はデザイナーや女性達・製作はベテランの職人達。そんな”すみわけ”が成されているのです。

”新しい感性”と、産地として培ってきた”大量生産技術の融合”。それにより「ステキなのに実用的。国産なのに、値段もお手頃」となってカタチになった。それが4th-marketだと言うことができます。

三重県四日市市

ONLY ONE ポイント

「 使う人が企画する ≒ みんなが欲しいモノ!? 」
cm004_onlyone1

男女平等とは言いますが、まだまだテーブルウェアは女性が購入することが多いハズ。だったら、女性主体のチームが「自分達が欲しい物」を企画すれば、世の中の女性に受け入れられるものができる確率が上がるのではないでしょうか?

デザインや形がおしゃれなのはもちろん、値段も手ごろで実用的。それは、企画した人が、同時に購入して使う立場でもあるからです。

「 理想と現実のはざまで 」
cm004_onlyone2
新商品が出るたび、企画側は「もっと安くできないですか?」制作側は「これ以上の値下げは厳しいよ・・・」というせめぎ合いの末に値段が決まるそうです。でも、良い商品を世に送り出したい思いはおなじ。これは「高品質でも低価格」を実現するために、必要な過程なんだそうです。
「 手は抜きません。だって国産ですもの。 」
cm004_onlyone3

例えば、お鍋の持ち手が木だったりと、4th-marketの商品からは作り手の「こだわり」が随所に感じられます。ミルクパンをひっくり返してみたら、持ち手が木栓で止められていました。

もし、何十年も使い込んで古くなったら、鍋部分は大丈夫だけど、持ち手が先に駄目になる。だから交換できるように作ったそうです。大切に使えば一生もの。長持ち前提だからこその配慮です。

また、清潔感がありながらも、温もりを感じる白色も、釉薬から自社開発するこだわりよう。「使い手の立場で考える」「高かろうが安かろうが、手抜きはせず、トコトンこだわる」そういった点に日本の職人魂をみた気がしました。

「 時代と追いかけっこ 」
cm004_onlyone4
日用品だから、常に変化していく生活環境に合わなければなりません。だから4th-marketの商品にはオーブンや電子レンジ、中には直火OKの器まであります。直火で鍋として調理して、アツアツのまま食器として食卓へ。あまったら保存容器として冷蔵庫へ。後日、食べるときにレンジでチンして、また美味しく頂く。これぞ、まさに時短。忙しいアナタの心強い味方です。
「 お隣さんはライバルじゃなく、お仲間 」
cm004_onlyone5

4th-marketは南景製陶園・三鈴陶器・山口陶器・竹政製陶という4社が集まり、それぞれの長所を生かしてものづくりに取り組んでいます。例えば、南景製陶園は急須、三鈴陶器は土鍋、山口陶器&竹政製陶は食器という風に。そして、企画側に女性やデザイナーを加えることで、常に新しく、自由な発想が入るようにしています。

考えてみると、「技術はあるけれども、何を作ったらよいのか分からない」という悩みは、伝統工芸の世界での共通の悩み。自分たちの持ち味は何なのか?どんなものを作りたいのか?など、たくさん議論して納得して。そして同じ方角を向いて、みんなでモノづくりをする。「隣人はライバルではなく、お仲間」そんな姿勢に、日本のものづくり産地が生き残るための一つの答えを見た気がしています。

工房のようす

作者より一言


cm004_who

“ ありふれた日常 ”

何でも無い日常の中に自然と溶け込んでいるのに、どこか愛着を感じるモノや道具。私達は毎日繰り返される日常こそが特別なことだと思っています。

気取りすぎず、可愛すぎず、シンプルなだけでもないモノ
何でも無い毎日にささやかな何かをもたらしてくれるモノや道具の提案

そんな私達に共感してくださる人達の日常の中に、4th-marketはありたいと願っています。

商品イメージ

詳細データ

[ 四日市萬古焼について ]
http://ja.wikipedia.org/wiki/四日市萬古焼

お客様のご意見・ご感想

CAPTCHA


コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. | TrackBack URL

お客様のご意見・ご感想

Return to Top ▲Return to Top ▲